マットレス

マットレス

マットレス

このページは「理想の眠りをもたらす環境 」の情報コンテンツです。
マットレス > 理想の眠りをもたらす環境

豆知識

理想の眠りをもたらす環境

寝室の環境は睡眠に直接影響を及ぼします。環境を整えるための重要なポイントは、光、音、温度と湿度、そして寝具です。

寝るときはぼんやり見える程度の光で

光は体内時計に永享を与える非常に大切な要素です。睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を妨げない明るさは10ルクス以下です。ぼんやりと足元が見える程度です。光は目をつぶっていてもまぶたを通過して視覚にキャッチされるので、暗い方が眠りやすいことは間違いありません。ただ、真っ暗だと眠れない人や、夜間にトイレに起きたときなど足元に不安がある場合は、照明が直接顔に当たらない間接照明にするか、フットライトをつけておくといいでしょう。

快眠と光という関係で言えば、一番大切なのは実は朝の光です。朝、目覚めとともに太陽の光を浴びることで、おやすみモードから活動モードへとスイッチが切り替わります。

やはり音は静かな方が眠りにはよい

音は好みや習慣によって最も個人差が現れ、音がしないとかえって不安という人もいますが、普通は静かな環境を作る方に重点を置いて考えます。基本はカーテンを厚地にしたり、窓や扉の隙間に遮音シールを貼るなどして、よけいな音をシャットアウトすることです。これで電車や車の騒音をかなり和らげることができます。

眠りによい温度と湿度

温度と湿度は主に梅雨から夏にかけての課題となります。クーラーのかけっぱなしは避けたいですが、部屋の温度が上がってくると寝苦しさで中途覚醒してしまいます。そこで、就寝前に寝室の温度を下げておきます。そして、一旦エアコンを切って、温度が上昇してくる3時間後につくようにタイマーをセットして1時間くらいクーラーをかけるといいでしょう。また、扇風機を天井に向けて回して、部屋の空気が動くようにすると、清涼感を得られて効果的です。湿度については、季節にかかわらず、50~60%くらいが快適です。

寝具は快眠環境を整える最重要アイテム

体と密着する寝具は、快眠に与える影響も大きいといえます。人は一晩でコップ1杯分の汗をかくので、そのままにしておくと布団はダニやカビの温床になります。まめに干して寝心地のよさを保つことが大切です。布団を干した日の寝心地は、ふだんの5割増しと言えます。アレルギーの原因となるダニの繁殖予防もかねて、布団やコイルマットレスはは定期的に干すようにしましょう。

マットレス 激安通販