マットレス

マットレス

マットレス

このページは「眠りに及ぼす体温と自律神経 」の情報コンテンツです。
マットレス > 眠りに及ぼす体温と自律神経

豆知識

眠りに及ぼす体温と自律神経の影響とは

私たちの体の中では、眠りにつきやすいように準備が行われています。ここでは体温と自律神経の働きが睡眠にどのような影響を及ぼしているかご紹介します。

手足があたたかくなると眠くなる

赤ちゃんの手足があたたかくなるのは、眠気を示す一つのサインです。大人でも同じように眠くなると、末梢の血管が拡張し、血流量が増えて熱を放出します。体の深部の温度を下げて、眠りに入りやすい状態にするのです。このように体温は眠りと深い関係があります。通常は朝は低く、午後から夕方にかけて高くなり、再び眠りに向けて徐々に下がっていきます。眠ったあとは代謝が低下し、体内で生み出される熱量が少なくなり、さらに体温は下がります。特にノンレム睡眠時は、体温の低下が大きくなります。

冷え性の方は眠りにくい

女性に多い冷え症は、手足が冷たいので皮膚からうまく熱を逃がすことができないため、深部の体温が下がらず、寝つきが悪い傾向にあります。改善策としては、寝る前にぬるめのお風呂にゆったりつかったり、足湯で足先をあたためると、末梢血管が拡張して皮膚からの放熱量が増え、深部の体温を下げることができます。ただし、熱いお湯だとあたたまりすぎて、深部の体温を上げてしまうので、注意してください。

昼と夜で働きが違う自律神経

体調が悪い原因として、自律神経が乱れているなどと、耳にすることがあるでしょう。この自律神経は眠りにも大きな影響を及ぼします。自律神経には昼間に働く交感神経と夜に働く副交感神経の二種類あります。交感神経は昼間活発に働き、血圧、心拍数、血糖値を上昇させます。筋肉の緊張が高まり、ストレスにも対応しやすい状態になります。一方、副交感神経が活発になると、血圧が低下し、筋肉がゆるみ、心身ともにリラックスします。

副交感神経が眠りへ誘う

寝る直前まで激しい運動をしたり、仕事をしていると目がさえて眠れなくなってしまうのは交感神経の働きが活発になるからです。逆に眠い状態の時は交感神経の働きが弱まって副交感神経の働きが活発になっています。つまり、心臓の動きがゆるやかになり、筋肉がゆるみリラックスした状態になります。このような状態になれば、すんなりと眠りにつくことができるのです。

マットレス 激安通販