マットレス

マットレス

マットレス

このページは「寝室について考えるポイント 」の情報コンテンツです。
マットレス > 寝室について考えるポイント

豆知識

寝室について考えるポイント

人間は一日の三分の一近くを眠っているわけですから、それだけ寝室で過ごす時間も多いと言うことです。寝室について考えておくべきポイントをご紹介します。

夫婦の年齢にふさわしい寝室に

夫婦の年齢によって、寝室のスタイルは変わってくるものです。若いファミリーでは、「ベビーベッドが置きたい」「添い寝が必要な乳児がいるので、広い寝室がほしい」などの要望があるかもしれません。一方、熟年になると、寝室を別にしたい夫婦が増えると言われています。

寝室を分けるとなると、独立させた二部屋にする方法とワンルームのままで、間にクローゼットを置いて仕切る方法などがあります。前者の場合、二部屋の間にクローゼットを作り遮音性を向上させたり、互いに行き来できるように、境の壁にドアを設けたりするリフォームも人気となっています。

ベッドと布団の違い

ベッドを置くスタイルでは、部屋の使用目的が寝室に限られてしまいます。しかし、布団の場合は、昼間は寝室を多目的に利用できるところがメリットでしょう。和室にすると、子供の遊び場やアイロンがけなどの家事スペースにもなり便利です。また、フローリングを張った洋室にして、一部に布団が敷ける広さの畳のコーナーを設ける方法もあります。フローリングの上に置くだけの施工ですむ、簡単に取り外せる置き畳を採用してもいいでしょう。

一方のベッドでは布団のようにフレキシブルにすることはできませんが、寝室としてのみの利用となるので、一日の疲れを癒やし、くつろぐ空間としては向いています。また、寝室には衣類や寝具などの収納スペースが必要です。ベッドと収納の間に物の出し入れや収納扉のスペースがとれるかどうかは、ベッドを設置する前にしっかりと確認が必要です。

静かで落ち着ける環境を

一日の疲れを癒やす寝室は、できるだけ静かで落ち着ける環境を作りましょう。隣家や道路、他の部屋との関係を含めて位置を検討し、必要があれば遮音対策を施します。くつろぎ感を高めるには、照明も大切です。ブランケットライトやスタンドなど複数の器具をうまく組み合わせましょう。ダウンライトにするなら、ベッドや布団に入ったときに光が直接目に入らない位置につけるか、光が広がるタイプのシーリングライトがいいでしょう。枕元と入り口付近の二ヶ所にスイッチがあると便利です。

マットレス 激安通販