マットレス

マットレス

マットレス

このページは「睡眠は脳を休ませ体を修復する 」の情報コンテンツです。
マットレス > 睡眠は脳を休ませ体を修復する

豆知識

睡眠は脳を休ませ、体を修復する

睡眠の役割は人間の活動には非常に大切です。よいマットレスは、その睡眠の機能を邪魔せずに補佐してくれるでしょう。

睡眠の主な役割

脳が停止すると、私たちの体は危険にさらされます。だから脳を停止させるのではなく、活動を低下させることが睡眠の第一の役割です。そして脳が休んでいる間には、体の保守点検や成長促進などさまざまなことが行われています。

脳の働きを低下させ、休ませる

脳が停止することは、生命活動の停止を意味します。つまり脳は、生命を保つために働き続けなけねばなりません。その働きを相対的に低下させ、オーバーヒートを防ぐのが眠りです。

エネルギーを保存する

眠りにつくと体温がわずかに下がり、体全体の活動レベルが低下します。こうして日中の活動期に備えてエネルギーを蓄えるのも睡眠の役割の一つです。

新陳代謝を高め、体を修復する

新陳代謝を促進し、体の損傷などを修復する作用のある成長ホルモンは、睡眠中にしか分泌されません。とくに寝入った直後の約3時間に大量に分泌されます。

免疫力を高める

風邪をひくと眠くなりますし、眠った方が早く治ります。これは細菌やウイルスが体内に入ってきたことで誘発される免疫活動と睡眠とが密接に関わっているからです。

睡眠中の主な体の変化

睡眠中の私たちの体には、起きているときとは違う、さまざまな変化が現れます。

体温

深部の体温は0.1~0.2度下がり、午前3~5時くらいに最低となります。皮膚表面の温度は、頭が冷たく足が温かくなります。

呼吸

眠りに入ると呼吸回数は減り、寝入った直後の最も深い眠りである徐波睡眠ではとくに少なくなります。レム睡眠では回数が増え、不規則になることがあります。

発汗

体温を調節するために、一晩でコップ1杯分の汗をかきます。眠りに入ると増加して、明け方にはもっとも少なくなります。

筋肉

睡眠中の筋肉は弛緩していて、そのため疲労が回復します。レム睡眠時にもっともリラックスした状態になります。

心拍数

眠りが深くなるにつれて心拍数は減少していきます。ただし、レム睡眠では一時的に増加して、不規則になることがあります。

血圧

眠りに入ると低くなり、明け方にかけてだんだんと上昇していきます。レム睡眠ではやや乱れることがあります。

ホルモンの分泌

睡眠中に成長ホルモンが分泌され、体を修復します。体が未成熟な時期はもちろん、年を取っても分泌されて、新陳代謝を促進します。

寝返り

一晩に20回以上の寝返りをするのが普通です。健康な人ほど回数が多いと言われます。血液の循環を促すなどの役割があります。

マットレス 激安通販